2015年9月 9日 (水)

六甲山国際写真祭2015 ポートフォリオレビューに参加してきました2

そして、8/30に受けたワークショップ、
昨年も同じようにBook作製のWSを
受け、素晴らしい内容だったのですが、
今回のそれは今までに受けたことのないような
いい意味で衝撃のWSとなりました(笑)。

ポートフォリオのセレクトと編集の
WSだったのですが、講師が
レビューサンタフェのディレクターである
Laura Pressleyさんとその審査員でもある
世界的なエディターのAmber Terranovaさんの
お二人という、なかなか実現しないようなもの凄いWSで、
ポートフォリオのセレクトや編集の考え方、
具体的なアプローチやアフターフォロー、
それに付随する様々な事柄を、包括的な
考え方から実践する時の注意点まで、
詳細かつ具体的にレクチャーして頂きました。

そして後半はそれまでWSを見学していた
アンコールフォトフェスティバルの
Françoise Callierさんも加わり、
参加者が持ち寄ったポートフォリオを
一旦分解、再編するという実践と
なったのですが、その内容たるや、
目の前行われているのが
セレクトと並び替えという、
自分も普段普通に行っている作業
であるはず・・なのですが、
「一体何が起こっているんだ?」
と思わず自問してしまうような鮮やかさで、
それまで普通に並んでいた写真群が、
目の前でみるみるうちに一つの作品として
形になっていく、しかもたった数分で
という、作業を参考にしたり勉強になる・・
という次元を超越した(笑)、
言うなれば北極圏でオーロラを見たり、
海でクジラのジャンプやバブルネットの狩りを見たり
オリンピックアスリートの競技を見たり
と言った感じの、”もの凄いものを見た”
というイメージがピッタリの
非常に質の高い作業を目の当たりに
する事ができました。

もちろん、時間が少ないからといって
手を抜いているわけではなく、
例えば一つの例を挙げると、
ある参加者の方のポートフォリオを
編集している時、
「(ポートフォリオレビューで見た)あの写真ありますか?
あれが必要だから出してください」と、
そこに出ていなかった写真までレビューで見た作品を
ちゃんと覚えていて、セレクトのために
それを必要とするなど、目の前に広がっている
作品群をどうやって一つの形にまとめるか
という事にもの凄いエネルギーで集中し、
創り上げていく様は、世界トップレベルの人の
作業の凄さというか迫力というか、
とてつもない体験でした(笑)。
そしてその中に自分の作品が入り込めたという
経験は、ポートフォリオレビューにも
勝るとも劣らない素晴らしい体験でした。

もしまたあのWSがあるのであれば、
会場が神戸であっても当たり前のように
千葉から参加すると思います(笑)。

極度の緊張やレビュー合間の
写真の並べ替えに伴う
時間との戦い(笑)等、
期間の大半は疲れきっていましたが、
振り返ればあっと言う間に過ぎた4日間でした。
まさに写真合宿と言われるように(笑)
写真漬け、しかも撮り方などの
基礎的なものではなく、
しっかり撮れるのは当たり前、
そこから何をどう表現するためにどうすべきか?
という、非常に高いレベルでの
合宿(笑)だっただけに、得るものも
非常に多く、この先の大きな糧に
なっていくと思います。

このような素晴らしい機会を毎年与えてくださっている、
ディレクターの杉山さん、山田さんを
はじめとして、それを支えてくださっている
ボランティアスタッフの皆様、レビュアーの方々、
そして同じ修羅場をくぐった同志の方々(笑)に
改めてお礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

最後になりましたが、
昨年今年とポートフォリオレビューの
連続参加という事についての
記事を六甲山国際写真祭のサイトに
「ゴールではなくスタート」
というタイトルで書かせていただきました。
レビューの合間と最終日の夜中
宿のロビーで一人カタカタと
キーボードを叩いて書いた
記事なので(笑)、お読みいただけると幸いです。

六甲山国際写真祭2015アフターリポート『 ゴールではなくスタート』

Rokko15t2bh_21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六甲山国際写真祭2015 ポートフォリオレビューに参加してきました1

昨年と似たタイトルで恐縮です(笑)。

8月から9月に移り、ようやく涼しくなってきました。
天敵である(笑)セミの姿を見ることもなくなり、
夜には鈴虫の穏やかな音色が
聞こえてくるようになりました。

さて、先月末の8/21から30日まで、
神戸市内で開催されていた
六甲山国際写真祭、その一環として
8/28から行われたポートフォリオレビューに
今年も参加させていただきました。
昨年に続いての連続参加ということで、
慣れるどころか緊張度が増しての参加でしたが、
お陰様で昨年同様非常に有意義なイベントとなりました。

今回は前回の作品同様雪をモチーフにした
作品ではあったのですが、かなり違う
アプローチで挑戦しました。
結果、7-8割のレビュアーの方に
ほぼ同じポイントを指摘され、
その具体的な例も交えてとても内容の濃い
やり取りを行うことが出来ました。
そのポイントこそが、次へのステップの
一歩であると考え、それがある意味明確に
なってきたという事で、昨年と同等かそれ以上の
成果があったと思っています。

また、この写真祭で展示をされていた
林 典子さんの”キルギスの誘拐結婚”
をテーマとした作品展示、
元々ナショナルジオグラフィック誌等で
読み興味を持っていたのですが、
トークショーやレビュー後のパーティーで
彼の地の文化や価値観、取材の話等、
非常に興味深い話を直接数多く、
聞くことが出来非常に嬉しかったです。

(2へ続きます)


Rokko15t2bh_28_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

六甲山国際写真祭 ポートフォリオレビューに参加してきました2

私は今回8本のレビューを受けました。
そこで感じた事、自分の体験、個人的に今後注意と思う点等を、
少し箇条書き的に書いて行こうと思います。
あくまで自分側に向いた備忘録的なものなので
個人的な体験感想ですが、ここに限らずこれから様々な
レビューを受ける という人の間接的な参考にでもなれば幸いです。

・同じ写真でもレビュアーによって真逆の印象を持つ事がある。
これは驚きました(笑)。具体的には書きませんが、 例えばある人が
「この写真は炎という印象だね」 と言ったかと思うと、
次の人は「この写真は氷に感じる」 という具合です(もちろん炎と
氷は正反対を表現 するためで作品とは関係ありません)。
これはやはりレビュアーの(に限らず他人が見る以上) 価値観で
見え方が千差万別になるという 顕著な例ですが、
面白かったのは、 見方がばらばらだった数人のレビュアーの方が、
ある一人の同じ写真家の作品を見てみるといいと
勧めてくださった事です。感じ方はバラバラながら、
根底にあるものは同じ風に感じてくださっていたのかもしれません。

・予備を持つべき(?)
レビュー中、何人かのレビュアーの方から 「もっと写真が見たいが
今持っているか?」と 尋ねられました。
印刷物は残念ながらその ポートフォリオだけだったので他系統の
「海の呼ぶ声」シリーズを入れたDVDを 渡したのですが、
ポートフォリオレビューに詳しい他の参加者の方達の話では、
実際の所、ディスク等を見る事は少ないそうです(もちろん全て
そうとは限りませんが)。 なので、できればもう一つくらい
他シリーズを持っていくか、Zineなどの小冊子を用意して
いけばよかったと後悔しました。

・名刺を渡すタイミング
これは色々な考え方がありますが、
個人的には自分からはあまり最初に 渡そうとはしませんでした。
もちろんちゃんと挨拶は交わして席に着きますが(笑)。
当然それで名刺を交換できなかった方もいますが、
レビュー中、見ているうちに、 Namecardあるか?と聞かれて
欲しいと思ってから貰って頂くほうが、より名刺の意味合いを
持つと考えます。 多少リスキーではありますが(笑)。


(3へ続きます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六甲山国際写真祭 ポートフォリオレビューに参加してきました1

今年は最初冷夏といわれていたにもかかわらず、
千葉では厳しい暑さが続きました。
暑さと蝉に弱い身としてはなかなか辛かった今夏ですが、
少しずつ涼しくなって来ているようで、
何とか乗り切れてほっとしています。
9月上中旬にまた暑くなるとの予報もありますが(笑)。

8月の上旬に八重山諸島に行って来ました。
初めてという事もあり、家族旅行ながら ロケハンもかねて
周遊を詰め込んだ行程で、 石垣、竹富、西表、小浜、宮古の
各島を 9日間で巡りました。有名処をざっと見てまわる感じの
旅行になったとは言え、初めて行く場所の新鮮さ、
観光地以外にも移動途中に散見される風景の素晴らしさ、
小笠原と似て非なる南国の良さがとても気に入り、
近いうちに再度本格的に撮りに行こうと思っています。


さて、8/29~9/7まで開催されている 六甲山国際写真祭
Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVAL 2014
その写真祭の一環として29・30両日に開催された
ポートフォリオレビューに参加してきました。
このポートフォリオレビューというのは、
自分の作品をまとめたもの(ポートフォリオ)を
イベントが招いたレビュアーにアピールし、アドバイスを受けたり、
レビュアーが求めているものと写真家の作品がうまく合致すれば、
そのまま展示や販売契約等の具体的な話が進む、
ある意味商談会的な要素を含んだイベントです。
日本でもここ数年散見されるようになって来ましたが、
海外では、サンタフェ、クアラルンプール シンガポール、アルル、
ヒューストン、ポートランド等、写真家とギャラリーのキュレーターや
各出版社の人が コネクションを介せず繋がる貴重な機会として
盛んに行われています。

この六甲山国際写真祭の事は、去年の1月に東京で受講した、
ナショナルジオグラフィックフォトアカデミーで講師をされた、
このフェスティバルの主催者である杉山武毅さんの話で知り、
興味を持ちつつも 昨年は応募しませんでしたが、一年経ち、
以前から一つのテーマで撮っていた写真が、
今年の冬ある程度の数が揃ってきた事で
ポートフォリオを構成できるかなと考え、
選考を経て参加権を頂いたので参加を決断しました。
このイベントで写真を見るレビュアーはまさに錚々たる方達で、
海外からはDaylight、TIME Magazine、 Apature、ONWARD等の
メジャーな方達や、国際的なギャラリーのキュレーター、
他の国際写真祭の主催者、第一線で活躍しているような人が、
国内からもそれに準じる立場の様々な方々が、
よく惜しげもなく一同に会したな(笑)と驚くばかりでした。

レビュー中は常に極度の緊張状態にあったのですが(笑)、
特に初回の席に着くまではガチガチで、部屋に入ったものの、
通訳の人がレビューを受けている人と勘違いしてしまい、
自分の席に座っているのを見て、「順番を間違えた?!」と
レビュー会場を彷徨ってしまい、あろうことかレビュアーの方が
ネームプレート掲げて 「ここだよ~」と呼んでくださったりして(笑)、
我ながら半分パニックになりながらの 最悪のスタートとなりました。
しかし、席についてレビュアーの方が 写真を見出すと
(とても丁寧に一枚一枚見てくださったこともあると思いますが)、
不思議と気持ちが落ち着き、質疑応答にもちゃんと自分の考えを
じっくり話す事ができ、オーバーな表現ではなく本当に一瞬で
制限の20分が過ぎてしまいました。
その後も同じような感じで(席にはスムーズに着きましたが(笑))
緊張しながらも、写真については是々非々な 評価に関わりなく
態勢を崩すことなく レビューを受けることが出来ました。
最初に大失敗をしたのがよかったのかもしれません(笑)。

(2へ続きます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

関西御苗場Vol.13

一年と言うのは早いもので、もう年も後半に入ろうとしていますね。

今年の夏は猛暑でしたが、ようやく涼しくなってきて、
たまに訪れる残暑に参りつつも、少しほっとしています。
7月の頭に、小笠原諸島の硫黄島クルーズに行ってきました。
数年ぶりの硫黄三島は、相変わらず厳しく、美しかったです。

さて、先日の9/20~23まで、大阪の京セラドームにて
行われた、御苗場Vol.13 関西御苗場に出展
させていただいておりました。
今回は自分のブースと、名前と作風を変えた別ブースを
もう1ブース出展いたしました。

今回の御苗場は、前回までの、ギャラリーの壁面に
展示するタイプから、回廊のような壁を通りつつ
見るという、どちらかというとCP+で開催されている
御苗場に近いものでした。
スペース的にゆとりがあまりなく、
更に少し迷路がかっていたため、
私のように作品を探して周るのを楽しむ
タイプには面白いと映ったのですが、
ブース場所の優劣も含めて
やはり賛否両論多々あったようなので、
次回の熟成ぶりが楽しみです。

今回は受賞等には至りませんでしたが、
テラウチマサト氏セレクトレビュアー賞の
ノミネートをしていただきました。
ただでさえレベルが常軌を逸している(笑)と
個人的には思っている関西御苗場、
しかもブース数も前回の倍近い200以上と、
これは今年は例年以上に凄い作品群に呑まれるなと
半分覚悟していたので、自作品が
ノミネートされた時は驚きましたが、
やはり去年同様頭ひとつ抜け出せない
詰めの甘さを同時に改めて感じました。

会期後半から体調が悪く、最終日には
ブース横の壁際に座り込んだりしてしまい(笑)、
結局熱があったようで帰りの高速道路のPAで
寝込んでしまいましたが(笑)、
今回も色々な事を経験し、色々な人と会い、
そして無事に終わることが出来ました。
ご覧頂いた皆様、どうもありがとうございました。

特にコメントを書いてくださった方々、
話しかけてくださった方々、ある時は
新しい作品のヒントになり、ある時は大きく頷き、
ある時は自分を省みる素晴らしいきっかけになったりと、
このような”いいもの”をいただけただけでも、
このようなイベントに出展する価値があるなあと、
改めて感じています。
本当にどうもありがとうございました。

ブースが確保できれば(笑)、2月に行われる
御苗場Vol.14にも出展したいと思いますので、
その時にまたお会いしましょう!

ブースNo10
_d8e3987
ブースNo11
Dscf9178

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

海の呼ぶ声 サイトオープンしました

いよいよ入梅したと思ったら、
さわやかな晴天が続き、ちょっと肩透かし状態ですね。

先日東北の被災地を巡って来ました。
震災直後に親族のいる宮城県多賀城市に
行って以来、南三陸を中心とした医療関係者の
輸送等微細ながら被災地と関わってきた経験上、
移り変わりをこの目で見たいと考え、
毎年一度は巡るようにしています。

そんな行程中、南三陸の志津川で、
珍しい光景を目にしました。
チリのイースター島から贈られた
モアイ像を、展示場所である志津川の
さんさん商店街という場所に
設置する作業です。

元々、この志津川町には、
チリから贈られたモアイ像があったのですが、
津波によって壊れてしまいました。
その話を聞いたチリの人達が、
再びモアイ像を、しかも今度は
イースター島の石を使った
まさに本物のモアイ像を
贈ってくださったとの事です。

チリの石で作成されたモアイ像は
今までにもあったのですが、
本場イースター島の石を島外に
持ち出すと言うのは前代未聞で、
当然様々な意見が出たらしいのですが、
津波被害を受けた方々に
マナ(霊力)を、と、持ち出しを
決断してくださったとの話を聞きました。

写真は、設置作業の光景です。
_d8e5900c
パッと見、普通にクレーンで吊って
簡単に移動させているように見えますが、
世界的な石造技術者で、イースター島で
モアイ像の修復にも携わった事もある、
左野勝司さんという方が、スタッフの方達と
慎重な作業で紐を通す場所、バランスを調整し
数時間かけて準備を行いました。
また、移動させてからの設置も
大変慎重、かつ丁寧に行われ、
それを一部始終見るという、
非常に貴重で興味深い体験を
させていただきました。


さて、話は変わりますが(笑)、
新たなサイト、”海の呼ぶ声”を
作成しました。
元々この作品群は、御苗場写真展
に出展していたものなのですが、
この度サイトでも公開することにしました。
2012年御苗場写真展に出展した作品と、
関西御苗場に出展した作品、その他に
ブックにしたものや、秘蔵の作品まで(笑)、
様々なものがございますので、
是非ご覧頂ければと思います。
他の作品群(空の写真や小笠原)
とは一線を画す雰囲気を、
お楽しみください。
Dsc_3106c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

御苗場CP+2013終了

CP+2013で開催されていた、

御苗場Vol.12も、無事終了いたしました。

毎度おなじみで申し訳ありませんが(笑)、
「今年はレベル高いよなあ・・」等とまた例の如く
ブースを何度も周って溜息をついていました(笑)。
前回もそうでしたが、ブースを何度も周っていると、
「こんな場所にこんな作品あったっけ?」と
驚く事がよくあります。おそらく、その前後の
ブースで足を止めて、足は再び前に進みながら、
意識はブースの前にまだとどまっている
(頭の中で整理している?)状態な事が
多々あったのだろうなと思います。
なので、何度周っても新鮮でした(笑)。
今回は残念ながら結果を出すには
至りませんでしたが、その一方、
私の写真活動の恩人とも言える方が、
総合プロデューサーのテラウチマサト氏
セレクトのレビュアー賞に選出されました。
自分が結果を出せなかった悔しさは
もちろんありますが、それを裏表にした
同じ位嬉しく思います。
また、毎年御苗場でよく話をして
下さる方々が、オーディエンス(人気投票)賞
1位と3位に、今回初めてでしたがゆっくりと
色々お話をさせていただいた方が4位にと、
今年は悔しいながら(笑)
別の意味で嬉しい事が多い御苗場となりました。
話しかけてくださった方、
コメントを書いてくださった方、
足を止めて見て下さった方、
今回も皆様ありがとうございました。
またイベントでお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

関西御苗場2012を振り返って

遅くなりましたが、関西御苗場無事終了いたしました。
毎回凄い作品群が一堂に会するイベント、
今回もとても刺激を受け、この先の活動の構想や、
自分の立ち位置など、色々なものが少し見えた気がします。
今回は残念ながら結果を出すには至りませんでしたが、
前回の関西御苗場のように、周りに呑まれて
浮き足立ってしまったと言う事はなく、
地に足つけて戦った結果なので、
悔しいなりに(笑)満足しています。

そして今回、とても驚く出合いがありました。
設置作業をしていると、突然「以前大阪に住んで
いませんでしたか?」と尋ねられ、
更に「○○小学校出身では?」とか、
凄腕の霊視師(?)が私に話しかけている?!
状態で(笑)??と思ってよくその人の顔を見ると、
幼稚園~小学校までいつも遊んでいた友人でした。
私が地元を離れて音信不通になって約30年、
名前と顔つき(笑)で確信したそうですが、
申し訳ない事に、こちらは全然気がつきませんでした。
大阪でやるイベントなので、来場者で万が一もしかしたら
昔の友人知人が来る事もあるかもとは思っていましたが、
まさかお互い写真の道に進んでいるとは
思いもよらず、ましてや同じ出展者として再会するとは
まさに億が一、文字通り夢にも思っていませんでした(笑)。
正直、地元を離れたときに、もう会う事もあるまいと
思っていた友人とのそういう形の再会だけに、
不思議さと縁の凄さ(?)をひしひしと感じました。

数十年の時間の流れというのは色々あるもので、
とても懐かしく楽しい子供時代の話の一方、
同じく遊んでいた仲間の訃報や、色々な人の
その後の話等、手放しで喜ぶには少し重い
話もあり、尚更時の流れと言うものを噛み締めた再会でした。

とは言え、再会自体は本当にうれしい事で、
超常現象的な事は(体験はともかく(笑))
あまり信じない私も、これはちょっと偶然と呼ぶには
普通じゃないだろうというようなとんでもない偶然(笑)、
これが何を意味するのかはわかりませんが、
大事にしていきたいと思っています。

お越しくださった皆様、
私の作品にコメントを書いてくださった方々、
本当にありがとうございました。
コメントノートは最後の楽しみにしているので
終了後見るようにしている為、
出展者の方が書いてくださったのに
話が出来なかったりしたのが少し悔やまれますが、
また次回のイベントで是非ともお会いしましょう!
2012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

Flickrはじめました

ついに師走、今年一年もめまぐるしく

あっという間に過ぎていきましたね。

年のせいか、一日がとても短く感じられ、

48時間くらいあればなあとよく思います(笑)。

さて、先日よりFlickrをはじめました。

空のある風景、小笠原諸島、などのサイトに

掲載されている作品ではなく、

それをベースにしたアレンジ・・

というか、極端な現像(笑)を

施した作品を掲載しています。

前回の記事で書いたもうひとつの

カテゴリとは違いますが、

これらも以前、空のある風景

サイトの前身サイトの

アレンジコーナーの流れを

組むものなので、意外に

歴史(?)は古いです(笑)。

空のある風景、のんびり気ままに一人旅、

小笠原諸島の写真共々、

よろしければぜひご覧ください。

こういう感じの作品を掲載しています。

Sdim0066

また、一人旅サイトを少し前ですが

更新しました。今回は記事より

蛇足の方が長くなってしまいましたが(笑)、

よろしければごらんください。

小笠原諸島の写真

空のある風景

のんびり気ままに一人旅

Flickr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

小笠原の写真を一新しました

今年の夏は暑いですね・・・。9月に入りましたが、

まだまだ茹だるような日が続きそうです。

皆さん、熱中症に注意してくださいね。


さて、暑くなる前から取り組んでいた(笑)、

小笠原の写真コンテンツの一新がようやく終わり、

アップロードにこぎつけました。

写真数は大幅に増え、1000枚以上になっています(笑)。

記録写真的な意味合いと、生き物の動作を連写で

追った連続写真など、結構似たような写真も

多いですが(笑)、よろしければご覧ください。

量が量なので、ADSL環境以上が奨励です。

スライドショーでも見ながら、ほっと一息入れませんか?


時系列としては、今年の3月の小笠原までの

写真を掲載しています。今年7月の

硫黄列島クルーズ時の写真は、追々と言う事で(笑)。


また、これもいつになるかわかりませんが、

もうひとつのテーマの写真サイトを

考えています。写真の選別は終わっていて、

これから現像作業なので、それほど

近くない将来(笑)登場するかと思います。

その時はよろしくお願いいたします。

登場しなかったらすみません(笑)。

小笠原諸島の写真

空のある風景

のんびり気ままに一人旅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

文化・芸術