« 2013年2月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年6月

2013年6月 6日 (木)

海の呼ぶ声 サイトオープンしました

いよいよ入梅したと思ったら、
さわやかな晴天が続き、ちょっと肩透かし状態ですね。

先日東北の被災地を巡って来ました。
震災直後に親族のいる宮城県多賀城市に
行って以来、南三陸を中心とした医療関係者の
輸送等微細ながら被災地と関わってきた経験上、
移り変わりをこの目で見たいと考え、
毎年一度は巡るようにしています。

そんな行程中、南三陸の志津川で、
珍しい光景を目にしました。
チリのイースター島から贈られた
モアイ像を、展示場所である志津川の
さんさん商店街という場所に
設置する作業です。

元々、この志津川町には、
チリから贈られたモアイ像があったのですが、
津波によって壊れてしまいました。
その話を聞いたチリの人達が、
再びモアイ像を、しかも今度は
イースター島の石を使った
まさに本物のモアイ像を
贈ってくださったとの事です。

チリの石で作成されたモアイ像は
今までにもあったのですが、
本場イースター島の石を島外に
持ち出すと言うのは前代未聞で、
当然様々な意見が出たらしいのですが、
津波被害を受けた方々に
マナ(霊力)を、と、持ち出しを
決断してくださったとの話を聞きました。

写真は、設置作業の光景です。
_d8e5900c
パッと見、普通にクレーンで吊って
簡単に移動させているように見えますが、
世界的な石造技術者で、イースター島で
モアイ像の修復にも携わった事もある、
左野勝司さんという方が、スタッフの方達と
慎重な作業で紐を通す場所、バランスを調整し
数時間かけて準備を行いました。
また、移動させてからの設置も
大変慎重、かつ丁寧に行われ、
それを一部始終見るという、
非常に貴重で興味深い体験を
させていただきました。


さて、話は変わりますが(笑)、
新たなサイト、”海の呼ぶ声”を
作成しました。
元々この作品群は、御苗場写真展
に出展していたものなのですが、
この度サイトでも公開することにしました。
2012年御苗場写真展に出展した作品と、
関西御苗場に出展した作品、その他に
ブックにしたものや、秘蔵の作品まで(笑)、
様々なものがございますので、
是非ご覧頂ければと思います。
他の作品群(空の写真や小笠原)
とは一線を画す雰囲気を、
お楽しみください。
Dsc_3106c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年9月 »