2015年9月 9日 (水)

六甲山国際写真祭2015 ポートフォリオレビューに参加してきました2

そして、8/30に受けたワークショップ、
昨年も同じようにBook作製のWSを
受け、素晴らしい内容だったのですが、
今回のそれは今までに受けたことのないような
いい意味で衝撃のWSとなりました(笑)。

ポートフォリオのセレクトと編集の
WSだったのですが、講師が
レビューサンタフェのディレクターである
Laura Pressleyさんとその審査員でもある
世界的なエディターのAmber Terranovaさんの
お二人という、なかなか実現しないようなもの凄いWSで、
ポートフォリオのセレクトや編集の考え方、
具体的なアプローチやアフターフォロー、
それに付随する様々な事柄を、包括的な
考え方から実践する時の注意点まで、
詳細かつ具体的にレクチャーして頂きました。

そして後半はそれまでWSを見学していた
アンコールフォトフェスティバルの
Françoise Callierさんも加わり、
参加者が持ち寄ったポートフォリオを
一旦分解、再編するという実践と
なったのですが、その内容たるや、
目の前行われているのが
セレクトと並び替えという、
自分も普段普通に行っている作業
であるはず・・なのですが、
「一体何が起こっているんだ?」
と思わず自問してしまうような鮮やかさで、
それまで普通に並んでいた写真群が、
目の前でみるみるうちに一つの作品として
形になっていく、しかもたった数分で
という、作業を参考にしたり勉強になる・・
という次元を超越した(笑)、
言うなれば北極圏でオーロラを見たり、
海でクジラのジャンプやバブルネットの狩りを見たり
オリンピックアスリートの競技を見たり
と言った感じの、”もの凄いものを見た”
というイメージがピッタリの
非常に質の高い作業を目の当たりに
する事ができました。

もちろん、時間が少ないからといって
手を抜いているわけではなく、
例えば一つの例を挙げると、
ある参加者の方のポートフォリオを
編集している時、
「(ポートフォリオレビューで見た)あの写真ありますか?
あれが必要だから出してください」と、
そこに出ていなかった写真までレビューで見た作品を
ちゃんと覚えていて、セレクトのために
それを必要とするなど、目の前に広がっている
作品群をどうやって一つの形にまとめるか
という事にもの凄いエネルギーで集中し、
創り上げていく様は、世界トップレベルの人の
作業の凄さというか迫力というか、
とてつもない体験でした(笑)。
そしてその中に自分の作品が入り込めたという
経験は、ポートフォリオレビューにも
勝るとも劣らない素晴らしい体験でした。

もしまたあのWSがあるのであれば、
会場が神戸であっても当たり前のように
千葉から参加すると思います(笑)。

極度の緊張やレビュー合間の
写真の並べ替えに伴う
時間との戦い(笑)等、
期間の大半は疲れきっていましたが、
振り返ればあっと言う間に過ぎた4日間でした。
まさに写真合宿と言われるように(笑)
写真漬け、しかも撮り方などの
基礎的なものではなく、
しっかり撮れるのは当たり前、
そこから何をどう表現するためにどうすべきか?
という、非常に高いレベルでの
合宿(笑)だっただけに、得るものも
非常に多く、この先の大きな糧に
なっていくと思います。

このような素晴らしい機会を毎年与えてくださっている、
ディレクターの杉山さん、山田さんを
はじめとして、それを支えてくださっている
ボランティアスタッフの皆様、レビュアーの方々、
そして同じ修羅場をくぐった同志の方々(笑)に
改めてお礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

最後になりましたが、
昨年今年とポートフォリオレビューの
連続参加という事についての
記事を六甲山国際写真祭のサイトに
「ゴールではなくスタート」
というタイトルで書かせていただきました。
レビューの合間と最終日の夜中
宿のロビーで一人カタカタと
キーボードを叩いて書いた
記事なので(笑)、お読みいただけると幸いです。

六甲山国際写真祭2015アフターリポート『 ゴールではなくスタート』

Rokko15t2bh_21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六甲山国際写真祭2015 ポートフォリオレビューに参加してきました1

昨年と似たタイトルで恐縮です(笑)。

8月から9月に移り、ようやく涼しくなってきました。
天敵である(笑)セミの姿を見ることもなくなり、
夜には鈴虫の穏やかな音色が
聞こえてくるようになりました。

さて、先月末の8/21から30日まで、
神戸市内で開催されていた
六甲山国際写真祭、その一環として
8/28から行われたポートフォリオレビューに
今年も参加させていただきました。
昨年に続いての連続参加ということで、
慣れるどころか緊張度が増しての参加でしたが、
お陰様で昨年同様非常に有意義なイベントとなりました。

今回は前回の作品同様雪をモチーフにした
作品ではあったのですが、かなり違う
アプローチで挑戦しました。
結果、7-8割のレビュアーの方に
ほぼ同じポイントを指摘され、
その具体的な例も交えてとても内容の濃い
やり取りを行うことが出来ました。
そのポイントこそが、次へのステップの
一歩であると考え、それがある意味明確に
なってきたという事で、昨年と同等かそれ以上の
成果があったと思っています。

また、この写真祭で展示をされていた
林 典子さんの”キルギスの誘拐結婚”
をテーマとした作品展示、
元々ナショナルジオグラフィック誌等で
読み興味を持っていたのですが、
トークショーやレビュー後のパーティーで
彼の地の文化や価値観、取材の話等、
非常に興味深い話を直接数多く、
聞くことが出来非常に嬉しかったです。

(2へ続きます)


Rokko15t2bh_28_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

残暑お見舞い申し上げます

残暑お見舞い申し上げます。
Imgp6963
今年の夏もここ数年と同じく暑さが厳しく、
体調の維持がなかなか大変です。
毎日数キロは歩くようにしているのですが、
冬の天敵静電気と双璧を成す夏の天敵、
今ピークを迎えているセミへの警戒心が
炎天下でのウォーキング中の精神力の消耗を
忘れさせてくれています(笑)。

数カ月前になりますが、4月に京都で開催された
KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2015、
そのイベントの一つであるポートフォリオレビューに
参加させていただきました。
この写真祭は、世界で活躍している
レベルの非常に高い写真家の作品を
京都市内のお寺や民家、ギャラリー、
ショップなどを展示場所として用い、
単に作品を展示するだけでなく、
ロケーションと作品の融合というものを図っており、
個々の作品の質のみならず、展示というものの
考え方に対してもとても興味深いイベントでした。
出展写真家の数も多く、一度では全て見きれなかった
ので、GW明けに再訪しようやく全て
見ることが出来ました(笑)。

ポートフォリオレビューも、
昨年の六甲山国際写真祭でのポートフォリオレビュー
の緊張再びという感じでガチガチに緊張して
臨んだのですが、ありがたいことに
外国のレビュアーの方に、プロジェクトがある時に
紹介したいのでポートフォリオを送ってほしいと
言って頂いたり、もう一人のレビュアーの方にも、
新しい試みをする時は必ず見せに来て欲しいと
言って頂き、個人的には予想以上の成果を
出せたと思っています。

もちろんまだまだ今のプロジェクトは
始まったばかりですし、これから
より強く発展させるつもりなので、
それが吉と出るか凶と出るかはわかりませんが(笑)、
恐れずに作品にアイデアをくっつけては剥がし、
くっつけては剥がしを繰り返していこうと思っています。


先日、家族旅行でハワイに行ってきました。
ハワイは20年以上ぶりの再訪だったのですが、
当時は入国審査も荷物検査も殆ど形式的な
ものに過ぎなかったのが、やはり時代の流れ、
今では荷物検査で靴までセンサーに通すのが
デフォルトになっていて少し複雑な
気持ちになりました。
当時私はバイクを借りてパールハーバーまで
行ったのですが、道を間違えて
基地内に入ってしまい(検問所は無人でした(笑))、
2つ目の検問所で引き返すように促されたものの、
基地の人は総じてにこやかで、南国の日差しも相まって
全体的にソフトな雰囲気だったのをよく覚えています。
今そんなことをやらかしたら、
おそらく家族だけが帰国して私はまだあっちに
居ることになったでしょう(笑)。

今回はハワイ島、オアフ島と周ったのですが、
ハワイ島では天候に恵まれてマウナケア山の
山頂まで行くことができ、高度4200mからの
夕日を見るという得難い体験をする事が出来ました。
機会があれば再訪し、今回少しだけ乗って
とてもいい感じだった路線バスでゆっくり周ってみたいです。


さて、8月もまだ半ばですが、
8月21日から神戸で開催される
六甲山国際写真祭、その一環として
27日より開催されるポートフォリオレビューに
昨年に引き続き参加させて頂けることになりました。
昨年と同じく雪を主軸、モチーフにした作品
ではありますが、ある部分は削ぎ落とし、
ある部分は肥大化させた、かなり極端な
ポートフォリオにする予定なので、
構築中の今から緊張のあまり
微熱っぽくなっています(笑)。
この六甲山国際写真祭も、
世界のあちこちで開催されている
国際的な写真祭の一つに
名を連ねるレベルの高い写真祭で、
招待作家の展示、ワークショップやディスカッション
の内容の素晴らしさはもちろん、
ポートフォリオレビューに来るレビュアー
の方々も、サンタフェ、クアラルンプール、
アンゴラ等世界に名だたる写真祭の
ディレクターやコーディネーター、
レビュアーの方々が担当する等、
非常に素晴らしいチャンスなので、
ガチガチな緊張の中でも最善を尽くして
楽しみたいと思っています。
写真活動を志している方にとって、
展示やレセプション、ワークショップ、そして
後半に開催されるオープンレビュー、
珠玉の機会になると思いますので、
是非お越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

RAIEC SATELLITE TOKYO 2014 展に出展しております

桜の季節がやってきた、と思ったら、
また少し寒が戻ってきたりと、
少し不安定な日が続いていますね。
強風の日は桜吹雪が素晴らしいのですが、
桜吹雪を見つけて撮ろうとすると、散りきってしまい、
吹雪終わってしまうというパターンを
ここ数日で3回経験しました(笑)。
できれば今年も富山に桜を撮りに
行きたいと思っているのですが、
それまでは撮るなということなのかもしれません(笑)。

さて、昨日からですが、東京千代田区にある
3331 Arts Chiyoda の B104 (B1F)にて、
RAIEC SATELLITE TOKYO 2014 展に出展させて頂いております。
これは、昨年8月に神戸六甲山で開催された、
六甲山国際写真祭でポートフォリオレビューを受けたメンバーの
有志によるグループ展で、世界に名だたる方々にレビューを
受ける為の審査を突破したメンバーなので
作品の質は言うまでもなく、その展示方法も、
単なる規則的な作家順の展示ではなく、
ある程度不規則な配置で展示をする事により、
個々の作品の相乗効果で非常に素晴らしい
空間が出来上がっております。
世界相手に戦うだけあって個性の強い作品ばかりなので、
展示前はうまくいくか不安でしたが、
実際に展示してみると、とてもいい形で
別々の作家の作品が融合していて、
全体でひとつの大きな作品と言っても
差し支えないほどレベルの高い展示に仕上がった
と思うので、これからグループ展を開催しようと
考えている方にも是非見ていただきたいと思います。
会場内の写真は、出展者の一人である
大門美奈さんの写真をお借りしました。
この場を借りて改めてお礼申し上げます。

Raiec1


Raiec2_2


Raiec3


展示内容としては、皆さん昨年の
ポートフォリオレビューを受けた
作品の代表作を展示しているので、
ポートフォリオレビューに興味のある方は、
レビューを受ける為の作品のレベルの
ひとつの目安になると思いますし、
そこに作者の方がいれば、体験談なども
聞けるかもしれません。

また、同じアーツ千代田の2Fでは、
昨年の六甲山国際写真祭
でスタッフとしてご尽力下さいました
徳平尚彦さんの写真展、NAGASHIMAを
六甲山国際写真祭2014
アーティストインレジデンス作家の展示として
開催しております。

他にもアーツ千代田内では様々なアート関係の
展示が行われていますので、建物一つで
非常に濃いアートの時間を過ごすことができます(笑)。

世界に道を拓こうとしている写真表現やアートに興味のある方、
お近くにお住まいの方、写真表現やアートに全く興味がなく
遠方にお住まいの方も(笑)、ぜひ一度お越しください。

開催期間は4/12までで、入場は無料です。

http://raiec-satellite-tokyo.tumblr.com/event

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

一人旅サイト更新しました

これまた久々の更新ですが(笑)、
のんびり気ままに一人旅サイトに記事を追加しました。
今回は一人旅で見えてくる風景についてです。
1月に北海道を旅行している時、
今まで何気なく目の前を流れていっていた
移動中の風景を意識して撮影するようにしてみると、
とても面白い作品が多々生まれて来ました(笑)。
新たな気付きや自分の意識の変化、
それを鏡のように映してくれる機会である一人旅は
やっぱりやめられません(笑)。


の~んびり気ままに一人旅
空のある風景
500px
Behance
海の呼ぶ声
小笠原諸島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

御苗場Vol.16終了いたしました

2/12から2/15まで横浜みなとみらいにある
パシフィコ横浜で開催されていたCP+、
その一角で開催されていた御苗場写真展も、
おかげさまで恙無く終了いたしました。
前回の記事でも書きましたが、相変わらず
すごい作品、新たな切り口や表現手法が
どんどん出現している様を見て、
改めて写真表現の奥深さを感じるとともに、
自分の中での表現を追求する意欲が
知らず知らずのうちに鈍ってきていたのかなと
自らを省みる機会でもありました。

今回は展示を2点に絞り、シンプルかつ明確な
表現をと考えていたのですが、初日何人かの方に
感想を伺ったところ、コンセプトはわかるが、
それを表現するには弱いとの指摘を頂き、
他に持ってきていたものと合わせて
展示候補13点(笑)の中から展示内容を
再検討、二日目から展示を変更いたしました。

実は最初の展示は、2点決めたものの、
どこかで何かが(笑)引っかかっており、
感覚や感受ではなく、ある意味”頭”で決めた
展示であったので違和感が結構あり、
設置当初から、話した人に「もしかしたら
途中で全とっかえしたり、日替わりで
2点とも変えていくかも(これは実は
有力案でした(笑))」と話していた位で、
かなり迷走していたのですが、
初日にその点を何人もの方に
見事に突かれてしまい、一日考えた末、
結局1点変更し、展示順も変えて以降に望みました。

それにしても、迷っていたとはいえ
そういう事を何も話していないのにそれを的確に
見抜く方達、さすがというか恐るべしというか(笑)、
今回の展示がうまく行ったのは、まさに
その方達のご指摘のお陰でした。
それは自分の中で無意識に、背中を押してほしいと
望んでいた事でもあったのだと思います。
そのお陰で、それ以降は霧が晴れた気分で、
前回の関西御苗場のように、自信を持って
展示を紹介することが出来ました。

創作者である以上、作品創りや展示は、
人の意見に流されたくはないという気持ちから、
自分が熟慮して決めたものに対しての
人様からの具体的な提案や指摘は、
じっくり検討する要素としてならともかく、
その場で即受け止めるには勇気がいりますが、
それが自分で得心のいくものであるのなら、
方針を改める柔軟性も大事だなあと
改めて思い知りました。

今回はありがたいことに、再び
総合プロデューサーであるテラウチマサト氏の
セレクトにノミネートして頂きました。
実は表彰式の時、賞関係は自分には
縁がないだろうと思い(笑)、
酸欠からか軽い目眩も起きていたので、
会場外のガラス張りの場所で休憩しており、
表彰式後に会場内に入ると声をかけられて
ノミネートされていたことを知りました(笑)。

スタートで展示変更など躓いた事もあり、
全く予想だにしていなかった事だったので、
驚きでもありうれしくもありました。
もっとも、ノミネート止まりというのは
1か0かで言うと0なので、祝う気持ち等には
もちろんなりませんが、これからの
作品創りに対する一つのチェックポイント
にはなったかなと喜んでおります。

ご覧頂いた方、貴重なご意見やご感想を頂いた方、
総合プロデューサーのテラウチマサトさんを
はじめとするスタッフ及びレビュアーの皆様、
どうもありがとうございました。



そういえば以前は、レビュアー賞に
ノミネートされると決まってその直後
体を壊していました(笑)。
エモン・フォトギャラリー賞ノミネートの時は、
終了日の夜軽い脳梗塞で救急搬送され(笑)、
前回のテラウチマサト賞ノミネートの時は、
表彰式の時点で熱があったようで、
大阪からの帰路途中で運転できなくなり
急遽途中のホテルで一泊寝込んだりと
過分な栄誉の報いを受けていたのですが(笑)
今回は体調万全意気軒昂で過ごすことが
できています。もっとも、昨年11月から
御苗場直前まで断続的に寝込んでいたので
単に分割で前払いをしただけかもしれませんが(笑)。

Imgp4892

500px
Behance
空のある風景
海の呼ぶ声
小笠原諸島
の~んびり気ままに一人旅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

御苗場Vol.16に出展しております

先日、ここ数年恒例?の、冬の北海道撮影に行ってきました。
約14日という長期間だったのですが、
好天と荒天の両極端(笑)で、
体力的にかなり大変ながらも、
なかなか面白い写真が撮れたと思います。
今回はメイン機材のD800Eの他に、モノクロ機として
SIGMAのDP3Merrilと PENTAXのQ7を持って行きました。
DP3Mは繊細な、Q7は大胆なモノクロの写真を
撮ることができ、メイン機と合わせて
一度で3度美味しい(笑)撮影となりました。

さて、こちらも恒例ですが(笑)、
横浜みなとみらいで開催されているCP+、
その一角で開催されている御苗場写真展Vol.16に
今年も出展しております。
出展回数を重ね様々な作品を見ると、
そろそろ写真表現的な要素も、ある意味枯渇してくるかな?
とつい思ってしまうのですが、実際の展示を目の当たりにすると、
毎回新しい視点、切り取り方、表現センスが新たに
溢れるように出現していて、新鮮味と凄さ、
そして自分のセンスの遅滞さを実感してしまいます。
様々な写真的価値観の坩堝であるあの空間は、
非常に心地よくもあり、また圧迫感もある(笑)
写真の異空間的な場所ですので、
CP+で機材に触れ、御苗場で作品に触れるという
ある意味フルコース(笑)、写真表現に興味のある方は
御苗場写真展にぜひ一度お越しください。
私の作品はブース番号34で、今回はモノクロ作品を
2点展示しております。

Imgp0402





CP+は有料(1500円)ですが、
Webからの事前登録で無料で入場できます。

CP+
御苗場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

御苗場Vol.15関西に出展しました

9/12~15まで開催されていた御苗場Vol.15関西、
お陰様で恙無く終了する事ができました。
今回の御苗場は前回と同じ会場ながら
レイアウトがガラッと変わり、2年前まで開催されていた
ギャラリーCASOの雰囲気に幾分近づいた気がして、
とても開放的に見ることが出来ました。
また、空間的に少し引いた位置から見ることが出来たので、
ブース全体をひとつの作品としても見ることが出来、
一つ一つの作品のインパクトはそれほどなくても、
全体だと凄く力を持ってくるという奥深いブースもあり、
そういう発見をスペースぎりぎりまで下がったり
という無理をせずに(笑)体験できたという点でも、
今回のレイアウトは概ね素晴らしかったのではないかと思います。

今回の出展では、友人との共同という事もあり、 いかにお互いの
作品を融合させて、1.5mX2.0mという 非常に狭い空間を
創りあげるかという事が 一番の課題であり、出展の意義でした。
ギャラリーで行うグループ展の場合は(もちろん御苗場 全体にも
言えますが)見る側が動く事により、ある場所でリセットしたり、
かいつまんで見たりとコントロールする余地はあると思うのですが、
御苗場の個々のブースは一目で全てが見えてしまうので(笑)、
その直前に参加した六甲山国際写真祭のポートフォリオレビュー
のような、一枚ずつ見せていくのとはある意味正反対の表現、
これを探求する意味合いも大きくありました。

結果としては、決して目立たない展示ながら、
踏まれても折れない(笑)、最後にはアスファルトを破って
伸びてくる雑草のような強さというか、上には行かないまでも、
ダメになって (周りと比べて)今回は○○だったから・・
という言い訳をしたくなるような展示ではなく、
「どうですか!」とある意味ドヤ顔できるような(笑)
腹を括った展示が出来たと思っています。

色々お話しすることが出来ました他の出展者の方々、
スタッフやレビュアーの方々、
総合プロデューサーである テラウチマサトさん、
ご来場頂きご覧頂いた&コメント等を頂いた方々、
そしてAyumi Y .Bakkenさん、本当にありがとうございました。


出展作品ではなく会期中撮った写真です(笑)。
Imgp5698_2



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

御苗場vol.15関西に出展しています

9月に入って残暑の予想が外れたのか、
秋の気配が急速に深まって来ているように
感じられます。

さて、9月12日~15日まで大阪京セラドーム
にて開催されます御苗場写真展vol.15関西
に出展しています。

今回は友人であるアラスカ在住の
オーロラ写真家Ayumi Y .Bakkenさん
との共同出展で、二人が撮った二つの
オーロラを軸に、生命的な意味合いを
絡めた作品を展開しました。

以前から、ギャラリーのような広い空間
ではなく、御苗場のブースのような
極限られた広さの空間で他の方の作品と
あわせて表現することをやってみたいと
考えていて、オーロラと言う同じ一本の軸を
もつAyumiさんとの共同出展が実現しました。
前回の御苗場と同じように、リアル展示
でしかできない表現と言う点でも
今回の展示を実現できて嬉しく思います。

開催場所は大阪京セラドームスカイホール、
開催時間はAM11時~PM7時、
最終15日のみPM5時迄です。

ブースNoは126です。期間中大阪に
お越しの方、お越しにならない方も(笑)
是非お越しください。

20140912_103420


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

六甲山国際写真祭 ポートフォリオレビューに参加してきました4

翌日の8/31は、ワークショップを 連続して受講しました。
最初は写真集について、次はジャーナリズムとアートについて、
そして最後はワインを交えた写真の話。
その全てがとても内容の濃い素晴らしいもので、
特に写真集についてのワークショップは
実際に参加者の作品を組み合わせて ブックとしての見せ方、
並べ方、等の具体的なもので、セレクトの課題を得た私にとっては
非常に参考になるワークショップでした。
そして、ワインのワークショップ(?)の後、そこで会った写真家の方と、
スタバ閉店まで 写真について語り通しました(笑)。
海外のアルル写真祭に参加されていた方で、
現地での具体的な体験談が生で聞けて非常に参考になりましたし、
似た傾向の個人的にとても惹かれる作品を創っている方
だったので、まさに合う人とのレビューが如く一瞬で
制限時間(笑)が来てしまい少し残念でした。

また、レビュー前日に神戸三宮に宿泊した事もあり、
その前日にケーブルカー山上にあるカフェで行われている
楢橋朝子さんの写真展 びわこ2014を見てきました。
実は私も、水面上下からの写真を撮るのですが、
(こう言う感じ)Dscf20202



まさに似て非なるもの、私の作品が物質的な世界の
領域を分けるとしたら、楢橋朝子さんの作品は
精神世界の狭間を表現されているなと感じました。

宿は2段ベッド8人部屋の相部屋だったのですが、
最近あまりしなくなった、YHでの 一人旅を思い出して
とても懐かしかったです。
また、とりとめもない事を雑談していたと思ったら、
急にマジメな写真談義になったりと(笑)、
独特の空気がとても心地良かったです。
レビューのプレッシャーが大きい分、
連帯感のようなものがあったのかもしれません。

他にも色々な場所で色々な コンテンツがあったのですが、
9/1には千葉に帰らねばならなかったため、
全て周りきれなかったのが少し残念でしたが、
初回のスライドショーやディスカッション、
レビュー、屋外のスライドショー他色々、
どれも内容が非常に濃いものばかりで、
またワークショップ以外でも、夜のパーティーや宿での談義、
全てがとても楽しい時間でした。

杉山様をはじめとしたRAIECの 実行委員会の皆様、
顧問やお世話人の皆様、レビュアーの皆様、
通訳や案内等でお世話になりましたボランティアの皆様、
現地で出逢えた皆様、
そして 同じ修羅場を潜り抜けた同志(笑)の方々、
本当にありがとうございました。
また是非お会いしましょう。



一段落してホッと一息 ・・・といいたい所ですが、
9/12~15まで大阪京セラドームで開催される
関西御苗場写真展に出展するため、準備に追われています(笑)。
おかげでイベント後によく陥る気抜けを
回避する事ができていますが(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«六甲山国際写真祭 ポートフォリオレビューに参加してきました3